社会保険船橋中央病院(周産期施設)

所在地
千葉県船橋市
建築主
千葉社会保険事務局
建物用途
病院
延べ面積
5,163.50㎡
構造
RC造
規模
地上2階地下2階
竣工
2001年
 本施設は、船橋市にある船橋中央病院の増築計画であり、船橋市および周辺市町村の要望に基づき計画された。
 施設の性格上、女性や乳児が対象者である為、清潔感や安らぎが感じられるインテリアとして細やかな視覚的配慮をした。
 本施設は、未熟児出産や異常分娩などに対応するための周産期医療センターを中心とし、産科病棟、産科外来及び手術室で構成されている。緊急時の動線を確保するために、周産期医療センター、分娩室、手術室を専用エレベーターで接続し、迅速に患者を搬送することが出来る計画とした。