特別養護老人ホーム福寿荘 福原山荘

所在地
岩手県奥州市
建築主
社会福祉法人岩手福寿会
建物用途
特別養護老人ホーム
+老人デイサービス
延べ面積
2,112.81㎡
構造
木造
規模
地上1階
竣工
2014年
 福原山荘は、「森の中のホーム」、「ふつうの暮らし」の実現を、当初からの目標とした。居室ユニット毎に、光と風を取り込むのびやかな平面形状と、デイサービスセンターと交流ホールに囲まれた中庭のある平面計画で、すごしやすさや快適さを創った。
 生活空間は、多様な場所を用意し、日々の「くらし」の豊かさを追求した。大空間の交流ホールはラウンジ、喫茶室及び茶室を設置し、日々の暮らしに少しの変化を与える憩いの場として計画した。交流ホールは此処ならではのイベントを運営するに当たり、ホールや隣接する中棟の共同生活室と連携して、ハレの舞台としての活用が期待されている。
 外装計画は、和風の旅館や茶寮等をモチーフに、砂壁状の外装と漆黒の屋根でデザインした。敷地の入り口には施設イメージを特徴付ける和風の腕木門を設けた。門をくぐると、大きなシンボルツリーの奥に建屋を望み施設の奥行きとグレード感を創出した。
 近年の建設工事費の動向を鑑み、木造を採用、交流ホールの大空間を大断面集成材で構成し、木の雰囲気が感じられる施設とした。